FXに損切りはつきもの!トータルとして利益をあげるための手法

 

 

損切りについてお話をしていきます。必ずFXは全勝っていうのはありえないです。必ず損を出すトレードがつきものです。神様でない限り必ずあります。その時大事なのがマインドなんですよね。損切りが出来ない人っていうのはまけます。必ずまけます。なので自分が予想してエントリーした、こうなるなって予測をしてエントリーしたけども違う方向に行ったら必ず損切りをするようにしてください。損切りの仕方っていうのをちょっと今日は説明していきます。損切りが大事だということは皆さんもう分かってると思いますので損切りの仕方なんですけど、これ水平線の例でやってます。水平線の時のトレードこれがレジスタンスがサポートに変わる瞬間ですよね。ここでエントリーするのが鉄板パターンです。じゃあここでエントリーしたら皆さんはどこで損切りをしますかっていうことなんですけど、どこで損切りをするか、考えてもらいたいんですけど、これ正解はですね、ここで買ったんだけども何故かこのへんで落っこちてしまったんです。予想に反してトレンドが終わってしまった。っていうときにどこで損切りをするかって言ったらやっぱりこのラインなんですよ。ここ、損切りのラインです。だから買うときに同時に逆指しを注文していたら良いんですけど、ここで買ったってなったらここ、底値だと判断したところに逆指し値を入れておいて損切りをするという風にしておいてください。普通にこう予想通りに行けばまたこうなるわけですよね。そしたらまた買えるところが現れるわけです。ここでまた買えますよね。じゃあまたここで買った、エントリーっていうのはここに損切りを入れておいてください。っていう風にやっていくと本当数ピプスですよね。ここでこうきても。反発してすぐ買ってるわけですから数ピプスの損失。でも、トレンドが続けば莫大な利益を取れるっていう形ですよね。これを繰り返していくと。
まあもっと難しい、高度な技になるんですけど、ピラミッティングっていう技があって、ここで買って予想通りになったと、でここでも買い増ししますとなったとしますよね。そうするとこのエントリーってここに逆指しで入れてたんですけど、この逆指値をやめて、今度はこっちに移すわけですよね。ここにこのエントリー分も逆指値を入れると。で、ここでももう1回買う。ここで例えば100買ったとしますよね。で、ここでも100買ったと。ここでも100買うとしますね。合計300買ったとする。だんだんこの逆指値っていうのを切り上げていくわけですね。で、三回目買ったときに下がってしまった、ってなった時はどうなるかっていうと、この最初に買った分の利益っていうのは確定できますよね。2回目買った分の利益っていうのも確定出来ますよね。三回目買った分だけ損をするという形で結果的に合計すると得をしていくというやり方ですね。